不燃断熱材

環境配慮型不燃断熱材 モノコート MK-6J

省エネルギー施策のもと、断熱性能の優れた、石油を原料とする有機系断熱材が現在広く普及しています。しかし、製造時におけるオゾン層破壊・地球温暖化、そして何よりもその可燃性が大きな問題となっています。 施工時、そして建物の竣工後も、常に火災(爆燃・有毒ガスの発生)にさらされ続ける有機系断熱材。特に商業施設などでは、テナントの改修工事の度に大きな危険にさらされます。不燃性能、そして環境・健康に対する配慮。不燃断熱材「モノコート」は時代の求める次世代型不燃断熱材です。

不燃断熱材「モノコート」の導入事例

丸の内ビルディング 日本工業倶楽部会館・三菱信託銀行本店ビル

不燃断熱材「モノコート」の用途

不燃断熱材「モノコート」がおすすめです。〔特に火災による被害が心配される施設〕〔環境・健康に配慮したコンセプトの建物〕〔直天井(デッキ・コンクリートスラブ等)の不燃断熱〕

不燃断熱材「モノコート」の特徴

 

性能

(不燃性)

建築基準法第2条第9号及び建築基準法施行令第108条の2(不燃材料)の規定に適合する不燃材です。〔認定番号 NM-0214〕

(断熱・結露防止性)

熱伝導率0.048Kcal/m・h・℃(20℃)と吸湿放湿作用により、優れた断熱効果と結露防止効果があります。

環境

(脱フロン・再生資源の使用)

環境負荷のかかるフロンガス等を一切使用していません。天然せっこうを主成分に、新聞古紙・スチロールの工場廃材を再利用した、環境配慮型不燃断熱材です。※グリーン購入法の特定調達物品に対応しています。

(『ゴミゼロ〔自己完結型〕工場』の実現。ほか…)

モノコートの製造ラインからは、実質的にゴミを一切出しません。一時的に発生したゴミは、全て工場内で再利用されます。また製造過程において有毒なガスや汚水は一切発生しません。

健康

(無公害・安全性)

人体に有害な鉱物繊維を含まず、施工上危険な可燃ガス・溶剤を使用しないので、施工中・建物竣工後も、作業者・建物を使用される方に対する健康障害の心配がありません。

(『ゴミゼロ〔自己完結型〕工場』の実現。ほか…)

モノコートの製造ラインからは、実質的にゴミを一切出しません。一時的に発生したゴミは、全て工場内で再利用されます。また製造過程において有毒なガスや汚水は一切発生しません。

不燃断熱材「モノコート」の物性

モノコートの物性

このページのトップへ